知的財産グループマネージャーに聞く!ゲームと特許の良い関係

さまざまなアイディアや創作が詰まったサービス・コンテンツは大切な財産となります。それらは「知的財産(知財)」と呼ばれ、特許権や著作権など、権利として法律で保護されます。今回は知的財産権の1つである「特許権」を取得する意義について、知的財産グループのマネージャーに聞きました。サイゲームスの知的財産グループで働く中で感じられるやりがいや取得した特許の事例もご紹介します。

法務・知的財産部 知的財産グループ マネージャーカツトシ
gutenberg-examples
大手ゲーム会社で知的財産管理部門を率いて特許訴訟や海賊版対策などを経験し、2017年に入社。知的財産グループのマネージャーとして、サイゲームスタイトルの知的財産権の保全に努める。

知的財産権って?
著作権と特許権の違い

まず「知的財産権」とはどういうものか教えてください。

知的財産権の主なものとしては 、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権があります。この中で、著作権以外をまとめて「産業財産権」と呼びます。

産業財産権と著作権には大きな違いがあります。
著作権は、絵を描いたり曲を作ったり、創作物ができた時点で自動的に発生する権利です。どこかに届け出る必要はありません。一方、産業財産権は特許庁に出願しなければ権利として成立しません。
知的財産権の中でも、特に著作権と特許権の区別が付きづらいかもしれません。大きなくくりで言うと、著作権は「表現」を、特許権は「発明(技術・アイディア)」を守るものです。また、表現は著作権法で、発明は特許法で保護されます。

著作権で保護されるものは、絵や音楽、アニメーションはもちろん、プログラムのソースコードも文学的表現に似たものとして守られます。
ところがゲームのシステムや仕様は制作後に自動的に発生する著作権では保護されないため、特許権を取得して守る必要があります。

特許がないと、どんな問題が起こると考えらますか?

1つは模倣品で溢れかえることが考えられます。ゲームはユーザーの方々がプレイしないと反響がわからないものです。他社の発明を真似できるとなると、既に市場で受け入れられた内容と同じものを提供した方が確実です。その結果、市場では似たようなゲームばかりになってしまう恐れがあります。
また、特許制度がないと各社が自分たちの発明を隠し、同業社が水面化で同じ研究をしてしまうこともあり得ます。そのような状況では、産業としての発展が遅れてしまいますよね。特許を出願して登録されると、出願人は発明の権利を一定期間独占できますが、出願された内容が公開されます。発明が公になることにより、それを見た会社が別の研究やその発明の改良に注力できるようになるので、特許は産業(ゲーム業界)を発展させる重要な役割を持っています。

特許を出願する際のポイントを教えてください。

特許として認められるためには、特許庁の審査を受けなければなりません。そして、その審査を通るためには、「新しくなければならない(新規性)」「進歩していなければならない(進歩性)」という要件があります。つまり、これまで誰も権利を取っていなかったからといって、すでに公になっている技術を出願しても特許にはならないということです。特許を得るためには、新しく進歩した技術を発明する必要があります。これも産業を発展させる仕組みの1つです。

「特許は産業の発展のため」という点が興味深いです。特許というと「自分たちが権利を独占するため」というイメージがあるのですが……。

確かに、自分たちのアイディアの権利を守り、自由な開発環境を整えることも特許を出願する理由です。 ただ、ある特許を取得すると、その技術は絶対的に権利者の独占状態になると思うかもしれませんが、必ずしもそうではありません。「クロスライセンス」といって、権利者それぞれが持つ特許を、お互いに使用できる取り決めを交わすことがあるからです。

クロスライセンスとはどのような仕組みなのか、もう少し教えてください。

特許には、ある技術分野の大元になる「基本発明」と、それを基にさらに技術を発展させた「改良発明」があります。

例えばA社が基本発明で特許を取得しても、その後にB社はA社の技術を発展させた「改良発明」で特許を取得できます。その場合、B社はA社が特許を持つ基本発明を許諾なしで使えないことに変わりはありませんが、A社もB社の特許である改良発明を使えません。
そこで、A社とB社がクロスライセンスを結ぶことで、それぞれの発明をお互いが利用できるようになるのです。

進歩した発明を生み出すことで、既存の特許を使用できるようになるのですね。

基本発明と、それを発展させた改良発明をお互いに利用できるクロスライセンスは努力・切磋琢磨したもの同士が協力できる仕組みでもあり、法律も後押ししています。

小さなアイディアも特許に
サイゲームスの特許事例

サイゲームスが取得した特許の事例を教えてください。

1つ特徴的な例としては『ワールドフリッパー(以下、ワーフリ)』の事例が挙げられます。ピンボールゲームは今までもありましたが、『ワーフリ』のように隊列を組み、RPGのシステムと組み合わせた遊び方は新しい発想でした。
『ワーフリ』は複数のキャラを編成し、キャラがボールとなってピンボールのようなアクションを楽しむ仕様です。また、キャラのHPがなくなると棺桶オブジェクトに切り替わります。このような、バトル画面での「パーティシステム」と「棺桶システム」で特許を取得しました。

▲バトル画面でキャラが隊列を組み、ピンボールをモチーフとした爽快アクションを繰り広げます
▲キャラのHPがなくなると、赤枠部分のように棺桶オブジェクトが表示されます

他にも取得した特許を教えてください。

『グランブルーファンタジー』のシステム「ガチャピンゲージ」と「ガチャピンモード」(※)で取得しました。期間中にルーレットを回すと、その結果に応じてガチャピンゲージが溜まり、溜まったゲージ量に合わせてガチャピンモードに当選する確率が高くなります。ガチャピンゲージを最大まで溜めるとガチャピンゾーン確定のルーレットを回すことができます。

(※)ガチャピンモード…最高レアリティーに1つ以上当選するまでガチャを回せる仕組み

▲ガチャピンゲージ

ガチャ回数を決定する抽選をしたり、当選したガチャ回数に応じて参照値(ゲージの値)を更新したり、参照値に応じて抽選の当選確率を設定したりするシステムが特許の範囲にあたります。

かなり細かいアイディアが特許になるのですね。

特許庁に発明を出願したものの、公知の技術があるからと審査が通らないことがよくあります。特許庁とやり取りを重ねる中で最初の出願より内容が細かくなっていくことがありますね。

この他、スタミナの仕様で取得した特許があると聞きました。

『プリンセスコネクト!Re:Dive』の「おやつテーブル」です。オブジェクトやキャラを配置して遊ぶルーム機能「ギルドハウス」におやつテーブルを置くと、一定時間後にスタミナが生産・保管され、それを受け取ることでスタミナが回復できる仕様になっています。このように、ルーム機能とスタミナの回復機能を結び付けたアイディアはそれまでありませんでした。

▲ギルドハウスにおやつテーブル(中央)を置くと、スタミナを獲得できます

日々、ゲーム制作の現場で研究や開発が進む中、特許になりそうな発明をどのように見つけ出すのでしょうか?

各プロジェクトからゲームの仕様に関する資料を定期的に送ってもらっています。それらを知的財産グループで確認し、気になるものはプロジェクトと連携を取りながら出願を検討します。その中で特許になりそうなものは研究部門との会議でブラッシュアップをし、社内承認を経て出願に至る、という流れです。

基本的に、現場の技術者から「これで特許を取りたい」と要望をもらうことより、知財スタッフが特許になりそうな部分を資料の中から見つけ出すことが多いです。特許になるかどうかの判断は知識がないと難しいので、普段から特許をたくさん見ている我々が主導で出願範囲を決めています。

サイゲームスの特許出願状況はどうですか?

ゲーム関連特許は年間1500件以上成立していますが、私が合流した2017年当時のサイゲームスは年に20件程度の出願に留まっていました。ここ数年は、特許の出願数を増やしている段階です。

「最新の技術が常にある」
サイゲームスの知財における働きがい

サイゲームスの知的財産グループで働くことの良さは何だと言えますか?

常に最新の技術に関われることです。サイゲームスは「最高のコンテンツを作る」というビジョンを掲げ、サービスや製品に妥協を許さずに開発を続けています。しっかりした開発環境があるからこそ日々発明が生み出されていて、そのような案件に開発段階から関われるのは知財スタッフとして大きな喜びになります。アプリやソーシャルゲームのリーディングカンパニーで作られる「最高のコンテンツ」を守っているという自負もありますね。
また、弊社は「Cygames Research」という研究部門があります。知的財産グループには、当研究部門から創出される基礎技術をグローバルに権利化する使命もあります。

知的財産グループは、「現場」を大事にしながら活動している印象を受けました。

私たちはコンテンツに実装されている技術に重点を置き、実直に発明を探し、特許を取得しております。そのためには開発現場と連携を密に取る必要があります。サイゲームスには絶えずコンテンツを改良し、新しいものを生み出す開発環境があるので、それを基に特許を出願する姿勢を大事にしています。

知的財産グループは現在4名で活動しています。今後、新しい仲間を迎えるにあたって、どのような方が業務に向いているか教えてください。

特許法の知識はもちろん必要になるのですが、ゲームが好きで仕様に詳しく、技術への好奇心がある人とはぜひ一緒に働きたいですね。特許を出願するにあたり色々と難しい技術が出てくるので、それらに対する好奇心がないと仕事がやりにくいと思います。
また、人と話すのが好きで上手な人も向いていますね。現場スタッフとのコミュニケーションから特許になりそうな発明を探していくので、外向的だと適応しやすいです。


産業全体を発展させ、大切な発明を守る特許についてご紹介しました。特許の他、知的財産権を通して「最高のコンテンツ」を支えたいという意欲のある方からのご応募をお待ちしております。

知財担当の募集要項

★研究部門「Cygames Research」のコラムはこちら★
Cygames Research研究日誌 #6 ~当研究所におけるAI研究最前線~

Cygames Research研究日誌 #7 ~内閣府で講演してきました~

Cygames Research研究日誌 #8 ~ゲームで学ぶ多様性の力~