Q1.今のお仕事の内容を教えてください。

『ドラガリアロスト(以下、ドラガリ)』の3DCGのプロジェクト(PJ)リーダーを務めています。主な業務内容は、アートディレクターと協力しながらグラフィックの向上や調整をすることです。PJリーダーの前はキャラクターモデルのリーダーで、作成された3Dキャラクターモデルすべての監修を行っていました。
子どもの頃から可愛いモンスターやドラゴンが好きで、このPJに関われることになったときはすごくうれしかったです。

Q2.お仕事のやりがいを教えてください。

やっぱりユーザーの方から反響があるとやって良かったなと思います。『ドラガリ』は等身大のイラストからデフォルメした3Dキャラを作り上げるため、キャラの個性や魅力を残しつつ、3Dとしての良さを取り入れたデフォルメにしないといけないので難しいです。2Dのイラストとバランスを取るためにいろんなものを参考にしながら、どうしたら可愛く、男性キャラならどうやれば可愛さの中にかっこよさを出せるか、とても気を付けながら見ていました。だからこそ、3Dキャラがユーザーの方に喜ばれたり愛されたりするとうれしかったです。

Q3.サイゲームスの好きなところは?

ゲーム制作だけでなく社内イベントにも全力を尽くしているところや、みんなが「最高のコンテンツを作る」という1つの目標に向かっているところです。とにかく最高のものを作るにはどうしたら良いかをみんなで考えていて、ちょっと無茶な要求をしても否定的な意見ではなく、どうすれば実現できるか建設的な話をしてもらえます。以前はフリーランスとして他のゲーム会社でも仕事をしてきましたが、「ゲーム作りがすごく楽しい」と思えたのはサイゲームスでした。

Q4.将来の夢を教えてください。

『ドラガリ』がもっと全世界で愛されるようなゲームになるようにしていきたいですね。ゲームをより良くするために、PJメンバーと相談しながら今でも改修を重ねています。グラフィックは日々進化していくものなので、自分たちもどんどん向上していきたいなと思います。

Q5.プライベートの過ごし方について教えてください。

家にいるときは朝までゲームをすることもあります。あとは映画館に行くとか、よく旅行もしますね。コロナ禍なのでさすがに最近は行けてないですけど、前は3か月に1回ぐらいのペースで海外旅行をしていました。アウトドアも好きなので、夏だとスキューバダイビングをします。海がすごく好きなんですよ。奥に行くと何があるかわからない感じがワクワクします。海外旅行をするのも、自分の知らない世界があるのが好きだからですね。

※内容は取材当時のものです。