みなさん、こんにちは!サイマガ編集部です。
今回はサイゲームスの社内の雰囲気をお伝えする企画として「部活動紹介」の記事をお送りします。

「会社員が部活?」と思われる方ももしかするといらっしゃるかもしれませんが、サイゲームスには、球技部やフットサル部などの運動系の部活から、格闘ゲーム部やボードゲーム部、クロッキー部などゲーム会社ならではの部活まで、なんと60を超える部活動があります!(2019年8月現在)そしてこの部活動の数は年々増えているんです。
なぜ、サイゲームスでは部活動が盛んなのか。実はそこには会社として大切にしていることがあります。

部活動の目的
「より良いゲームを作るために」

サイゲームスが部活動を支援する目的は2つあります。
1つ目は従業員同士の親睦や交流を深めることです。ゲーム開発やコンテンツ作りにおいては、コミュニケーションは非常に重要です。部活動はそのコミュニケーションのきっかけの1つとなり、より良い関係づくりに繋がります。

2つ目は良いコンテンツを生み出すために、作り手自身がゲーム以外の幅広いエンターテイメントを体感・研究することです。サイゲームスではアウトプットとともに、インプットも大切だと考えています。部活動を通して日頃の業務では体験できないことを体感し、スタッフがそれをコンテンツ作りに活かしていくことを推奨しています。

さて、前置きが長くなりましたが、それでは第1回を飾る部活動の紹介です!記念すべき第1回は「サバイバルゲーム部」です!

極限の非日常を楽しもう!
サバイバルゲーム部

世の中で多くの人を虜にしているサバイバルゲーム(以下、サバゲー)。もちろんサイゲームスにも多くのサバゲープレイヤーがいます!今回はサバゲー部の部長から話を聞いてみました。

普段のお仕事を教えてください!

普段は人事の仕事をしており、採用面接からセミナー運営まで携わっています。サバゲー歴はかれこれ10年以上になります!よろしくお願いします。

活動内容を教えてください!

都内近郊のサバゲーフィールドの定例会に参加しています。定例会とはフィールドが主催するイベントで、森林や市街地を模したさまざまなフィールドがあるため部員から意見を募って参加するフィールドを決めています。

どんな方がいますか?

クリエイターからバックオフィスまで幅広い職種の人が参加しています。人数としては20人を超えるメンバーが所属していますね。最近はフィールドの設備が整っている所も多く、女性の方も多く参加しています。

サバゲーの魅力は何でしょうか?

サバゲーの良いところは、運動神経で差がついてしまうスポーツと違い、老若男女が活躍できるところです。走るのが得意であれば突撃したり、体力に自信がなければ守りに徹したり指示を出すことに専念したりと、それぞれが自分の得意分野を活かしてヒーローになれるところだと思います。
また、初対面の人とも同じ目的を共有しているため、協力して指示を出したり援護されたりとコミュニケーションが取れるのも醍醐味の1つです!

サバゲーは経験者の人が強くて初心者だと参加しにくいイメージがありますが…

一見ハードルが高いと思われがちなサバゲーですが、サイゲームスのサバゲー部では、初心者も参加しやすいよう「初心者マニュアル」や「装備品リスト」など入門者向け資料を作成しています。また、チームワークも大事な競技のため、ルールはもちろんゲームの進め方なども丁寧にレクチャーしています。それに加えて、初心者の方でも楽しめるようにゲームに勝利すること以外に独自の目標を定めてチームで行動するようにしています。例えば、「弾を使い切るまで撃つ」「目標地点までみんなで移動する」など初めて参加した人でもクリアしやすい目標を設定しています。

全員で楽しめるように、色々な工夫をしているのですね。ありがとうございました!


サイゲームスでは、「最高のコンテンツを作る」ために全力で遊ぶ事を大事にしています。今後も全力で取り組んでいる部活動を紹介予定です。

どうぞお楽しみに!