『プリンセスコネクト!Re:Dive(以下、プリコネR)』のイラストチームの本音を聞くインタビューシリーズ。前編では、クリエイターとしての遊び心ややりがい、制作で苦労している点などをご紹介しました。

後編でも、引き続きイラストチームの4人に話を聞いていきます。それぞれの思い出深いストーリーイベントや愛着があるキャラなど、前編とはまた一味違った「クリエイター陣の素の部分」に迫ります!
そして、最後には昨年末開催された特別イベント「王都終末決戦」制作秘話や、気になる『プリコネR』の今後についても語ってもらいました。どうぞ最後までご覧ください!

イラストチームリーダーワオ
gutenberg-examples
新卒としてゲーム開発会社に入社後、コンシューマーゲームやソーシャルゲームの立ち上げ・運用を経験し、2014年にサイゲームスへ入社。『プリンセスコネクト!Re:Dive』ではキャラクターや敵モンスターなど幅広いイラスト制作を担当。現在はイラストチームリーダーとして監修やメンバーの育成に取り組む。
イラストチーム・モンスターチーム リーダーマサタケ
gutenberg-examples
2015年新卒としてサイゲームスに入社。『プリンセスコネクト!Re:Dive』に配属後、モンスターを制作するモンスターチームのリーダーを担当。作品内で使用されるモンスター素材の制作、監修を行っている。
イラストチーム・背景チーム リーダーナツコ
gutenberg-examples
アニメ背景美術に携わったのち2012年サイゲームスに入社。現在は『プリンセスコネクト!Re:Dive』の背景チームのリーダーを務める。作品内に使用される背景の制作、監修を行っている。
イラストチーム・アニメ制作チーム 総作画監督ナオコ
gutenberg-examples
アニメーターとして10年ほど活動後、サイゲームスに入社。『プリンセスコネクト!Re:Dive』内アニメについて、設定作成やクオリティー監修を主に担当。TVアニメ版のキャラクターデザインにも携わっている。

『プリコネR』流!キャラを描くときのポイント
愛される「騎士くん」の魅せ方とは

ここからはもう少しざっくばらんにお聞きできればと思います!みなさんの思い入れのあるストーリーイベントを教えてください。

ワオ 個人的に一番好きなのは「バトルオブバレンタイン!」(2019年1月末開催)というエリコとシズルが登場するストーリーイベントです。プレイしていただいている方はご存知かもしれませんが、2人とも主人公への愛が異常なまでに強く、それぞれ違った方向に「やばいキャラ」です。このストーリーイベントは全編に渡ってそんなやばい2人が巻き起こす化学反応を存分に楽しめるので気に入っています(笑)。

▲シズルとエリコの女のバトルが見どころだったイベント。2人の笑顔が怖い……!(笑)

ワオ 『プリコネR』って一目見てかわいいと思えるキャラと、ストーリーを見たら意外とかわいいと思えるキャラがいるんですが、後者のいわゆる「するめタイプ」の女の子が多い気がしますね。キャラを描く際にも、シナリオチームと連携しながらこの点は結構意識しています。

なるほど!(笑)ちなみに、描いていく上で難しい挑戦だったキャラはいますか?

ワオ 「森の臆病者と聖なる学舎の異端児」(2019年8月末開催)に登場した、チエル、ユニ、クロエのなかよし部の3人ですね。3人とも見た目でかわいい!となるよりは、ストーリーを見て愛着が湧くタイプなのかなと。特にチエルとか、男性が一番苦手とするタイプの女の子じゃないですか(笑)。

▲「ちぇるーん♪」が決め台詞のチエル。でも素の彼女はとても計算高くて……!?

ナツコ 開発チーム内の打ち合わせのときにも話題になってましたよね!(笑)

ワオ パリピキャラで自分を作ってる、したたかな女の子という設定なので万人受けしにくいだろうなと。『プリコネR』の中では今までにない新しいタイプだったので、描くときにはかなり難しいキャラでしたし、どう受け入れてもらえるかイベントリリースまで心配していたんです。

過去にないタイプだと、どんな反響があるか予想がつかないですからね。

ワオ そうですね。他の2人も含め、変化球というか。ストーリーを読むとどんなキャラかわかるんですが、外見だけでは掴めない。クロエは「今風のギャル」で、テンションが全く変わらないタイプ。最初は、実は表情豊かなツンデレっぽいタイプなのかと思ったのですがよくよく聞いたら、ひたすらローテンションという(笑)。

ナオコ クロエは声にも意外性がありましたよね。作っているときは声が入ってないのでイメージできていなかったのですが、収録後に初めて声を聴いて、「クロエってこんなしゃべり方なんだ」って。

ワオ 声優さんの素の声みたいだって言われましたね。でもずっと聴いてるとそれがすごく魅力的に聴こえてくる。シナリオチームも悩んでいましたし、なかよし部のシナリオを担当していただいた王雀孫さんも力を入れて書いていただいたキャラと聞いていますが、ユーザーのみなさんにもそこの絶妙なラインを受け入れてもらえたようで安心しました。

マサタケ 確かに絶妙なバランスでしたよね。

▲(左から)チエル、ユニ、クロエ。独特な2人を束ねている頼れる先輩だと自分では思っているユニもまた、ストーリーを読めばその良さがわかる魅力的なキャラクターです!

なるほど。確かにイラストを描いているときはまだ声が付いていない状態ですもんね……!キャラと声との整合性とか、ズレている部分のイラストを後から直すこともあるんでしょうか?

ワオ ありますね。いつもスケジュールギリギリまで「もっとこの子を魅力的にできる方法は無いか」と試行錯誤しながらイラストを描いています。『プリコネR』のキャラはすでに50人以上いるので、既存の個性的なキャラたちの中に放り込んでもちゃんと輝けるキャラを作るのが難しいですね。前編でお話しした、マコト(サマー)といったバージョン違いのキャラについても同様ですが、こだわって描いてます。

ナオコ キャラに関して言うと、個人的にちょっと気を付けている点があります。それは、ユーザーのみなさんにも「騎士くん」の愛称で親しんでいただいている主人公を、とにかくアニメパート中ではピュアに描くことです!

全員 (笑)。

ナオコ 例えるなら“ミルクの香り”がしそうというか……(笑)。
メインストーリー中でキャルに力を返してもらうためにキスされているシーンなんかでも、騎士くんはピュアで何もわからないから無表情です(笑)。私の中では、「ま、しょうがないか、騎士くんだし!」って思えるキャラになるよう意識しています。

▲(左から)ネビアから「キッス!」コールされても、キャルからおでこにキスされてもいたって無表情な騎士くん!

ワオ 騎士くんは記憶喪失という設定だけど、一般的に想像される記憶喪失とは違っていて。お金を口に入れるとか、コッコロがいないとご飯が食べられないとか。それくらい突飛な設定があるからこそ、ユーザーのみなさんも面白おかしく受け入れていただけてるのかな、と個人的には思いますね。

▲コッコロにご飯を食べさせてもらったり、女の子たちにモンスターから守ってもらったり

ナツコ 普通に戦っているシーンとか見ると「どうしたの?」ってなる(笑)。ボーっとしているのが一番似合うかも。

ナオコ 最初、上がってきたバトルシーンで、騎士くんがすごくかっこよく戦ってるシーンがあって。かっこいいけど、これは騎士くんじゃない!って思って、結構修正したんですよ。

ナツコ 普段からセリフも少ないので、しゃべったときには、騎士くんがしゃべった!って思いますよね(笑)。

ナオコ ゲームパートにはあまり登場しないし、スチル(※会話パートで見られるアニメタッチの一枚イラスト)では見切れてることが多いし(笑)。主人公の出番はアニメパートが大半なので、「騎士くんらしさ」はブレずに表現すべきかなと。夏のイベントでも、実は水着姿が出るのはアニメとスチルだけなんですよ。

▲(左から)昨年のストーリーイベントに引き続き、今年も騎士くんの水着はパイナップル柄でした!

ワオ あれはコッコロが選んだ水着なんですよ!お母さんが選んで買ってきた服をそのまま着ている感じですね。

遊び心に火がついた!?
「ショーグン道中記 白翼のサムライ」秘話!

話は戻りまして……思い入れのあるストーリーイベントについて順にお聞きしたいと思います!

マサタケ ストーリーイベントで言うと、個人的には「ショーグン道中記 白翼のサムライ」(2019年4月末開催)が、全体的にはっちゃけていて面白かったですね。この時期、プロジェクト内も特にみんなの遊び心に火がついてて。クウカが飛ぶミニゲームとか。
ミニゲーム自体は「バトルオブバレンタイン!」からあったんですが、「ショーグン道中記 白翼のサムライ」のキックオフミーティングで話を聞きながら「本気でやるの!?」って思ってました(笑)。

ワオ 「ショーグン道中記 白翼のサムライ」は初め、「ヴァイスフリューゲル ランドソル支部」のギルドメンバーを中心としたイベントを作りたい、ニノンを輝かせたい、といったコンセプトがあってできたんですよね。ニノンが主役だから、舞台はトーゴク、服装はワフク(※『プリコネR』内の“和服”の呼称)にしよう……と。シナリオチームが考えてくれたストーリーを中心に、各チームがアイディアを出していくうちに途中からなぜかどんどん味付けが濃くなっていきましたよね。「外国人がイメージする間違った日本」みたいな方向に……。

マサタケ ボスモンスターの「アクダイカン」も、いわゆるお笑いのコントでよく見るような悪代官モチーフという発注が最初来て、全くイメージできなかったです(笑)。最終的に、カラクリ仕掛けの悪代官で、見た目はコミカルだけど戦うと強いっていうかなり尖った設定になりました。

▲ボスモンスター「アクダイカン」。見た目も攻撃アクションもかなりユニークでした!

ナツコ 「アクダイカンは帯を見ると引っ張らずにはいられない」とか、「帯を巻いていると謎の誰か(実は、アクダイカン)に盗られるから、オーエド町の女の人は洋服を着ている」とか。シナリオ読んだときは「えー!?」って思いました(笑)。

ナオコ ストーリーも、クウカをおとりにして倒すとかぶっ飛んだ設定でしたね。アニメパートではクウカが簀巻きになってて、せっかくのワフクの衣装の見せ場が少ないし(笑)。全体的にだいぶシュールでしたね。
ミニゲームにもなぜか「ハツネのプレゼント大作戦」のボスモンスター「ジズ」が出てくるし、クウカの「ジィィィィィズ!」っていう擬音も謎ですよね(笑)。

▲ジズに運ばれたり大気圏へ突入したりと遊び心満載のミニゲームでした

マサタケ モンスターも例によって遊び心に火が付いて、「アクダイカン」にビームのサーベルのようなものを持たせてみたり、バトル中に発動する必殺技では千両箱から大量の小判を放出してみたり。デザインで悩んでたんですが、最終的に面白いものができてよかったかなって。思い出深いですね。

ワオ モンスターって、悩んだら味付け濃くする傾向がありません?(笑)

マサタケ ありますね。カットインムービーを付けるというアイディアもあったんですが、さすがにそれは「敵キャラなのに目立ちすぎる」ってアートディレクターに止められました(笑)。

「ショーグン道中記 白翼のサムライ」の話で盛り上がりましたが、他に好きなイベントはありますか?

ナツコ 私は「タマキとミフユの無人島0ルピ生活」(2018年7月末開催)が大好きです!ボスモンスター「島クジラ」のバトルは特殊で、ギミックも多かったので面白かったです。マップも背景チームが作っているんですけど、このストーリーイベントでは島クジラがそのままマップになっていて。島クジラの上でクエストが進んでいくかたちだったので、ストーリーの面白さもさることながら、「みんなで作った感」が楽しかったですね。

▲ストーリーイベントの舞台となった「島クジラ」

ナオコ 私は「スズナレインボーステージ!」(2019年6月末開催)がお話を含めて好きです。その中でもアニメパートのラストで、空が晴れてスズナたちが振り返って笑顔になるシーンが気に入っていて。実は最初、あんなに振り返った感じではなかったんですが、シナリオチームのスタッフに「久しぶりに同窓会で会ったときの笑顔」みたいにしてほしいって言われて、動きや表情を描き直してぺかっと晴れやかな笑顔にしたんです。最終的に、キャラの動きと背景と色味がすごく合っていて、オチとしてすごく良いものになりました。

▲(左から)スズナ、ミサキ。2人のキラキラとした表情が印象的でした

ナオコ あと、このストーリーイベントのED(エンディング)も大好きで……!毎月アニメ班のメンバーが持ち回りでEDアニメを作っているのですが、このEDは「ちょっと懐かしいカラオケ映像感」というか……担当したスタッフのこだわりがいっぱい詰まってて、とにかくエモい!曲名もずるいですよね、背伸びFirstKissって(笑)

▲EDはアニメ班のスタッフが基本1人で担当し、曲を基にイメージを膨らませて作り上げるそうです!

ここで盛り上げないでいつやるの!
そんな想いで取り組んだ「王都終末決戦」

では、メインストーリーの話に移りたいと思います。昨年末、メインストーリー第1部がクライマックスを迎え、特別イベント「王都最終決戦」(2019年12月開催)が行われましたね。これは通常のイベントとは少し毛色が違う印象を受けました。

ナオコ そうですね。メインストーリー第15章6話まで見た方にだけ解放される特別なクエストです。メインストーリー中のいわゆるラスボス「覇瞳皇帝(カイザーインサイト)」と戦う過程で、覇瞳皇帝が呼び出した4体のボスとレイド形式で戦うものでした。4体すべて倒すと覇瞳皇帝と戦えるというシナリオで、メインストーリーの延長線上にあるイベントでしたね。

ナツコ このイベント、実は制作側の作業量がなかなか多かったんです。この中だとモンスターと背景、アニメがガッツリ関わっていますね。新キャラは登場しないこともあって、基本的には、あまり凝ったことはせずに演出で楽しくしましょう、という方針だったんですが……。

ワオ それぞれのチームが「メインストーリーの山場である第1部クライマックスをより面白くしよう!」ということで、限られたスケジュールの中ではありつつも、フルパワーで取り組んでましたよね。

マサタケ そうですね。“第1部のクライマックス”という一区切りつくタイミングで、モンスター制作も一度原点に立ち返って「最初期のボスモンスター」にフィーチャーしたいなと思いました。そこで、「リビングメイル」をベースにしたモンスターを作ることにしたんです。
ストーリーイベントが始まった頃は、「ジズ」のような前作でも登場したモンスターがボスとして登場していて、『プリコネR』オリジナルのボスモンスターが出たのは「デンジャラスバカンス 渚のグルメプリンセス」(2018年6月末開催)以降です。そんな最初期に登場したリビングメイルは、自分が一から作ったボスモンスターだったので想い入れもあって。今回あらためて活躍できたのはすごく感慨深かったですね。

▲ストーリーイベント「黒鉄の亡霊」のボスモンスター「リビングメイル」

マサタケ ただ、「リビングメイル」をそのまま出すだけだと面白くないから、せっかくなら4種類のバリエーションを作ろうとなって。初めは、色や輪郭など見た目だけを変えてモーションは変えないいわゆる「ガワ替え」というやり方でいこうと話していたんですが、それだとつまらないから、それぞれ新しい技を追加してモーションも個々に変えることになり……。そうすると新しいパーツが必要となって、それぞれのモーションも作って。
より面白くしようと改善していくうちに気付いたら新規作成のイラストが4つになってましたね(笑)。

ナツコ 背景もそうでしたね。ランドソルの街中に覇瞳皇帝が来て戦うという設定で、初めは既存のランドソルの街並みの背景をベースに、色味や雰囲気を変えて出すという話から始まったんです。でも、メインストーリー序章のトゥインクルウィッシュと覇瞳皇帝とのバトルシーンでは背景がかなり破壊された状態だったこともあって、それと比較してインパクトに欠けるよね、となって。破壊されたランドソルの街並みを新規で描くことになりました。
結果的には覇瞳皇帝とのバトルの激しさが表現できたのではないかなと思います!

▲(左から)序章バトルシーン背景、王都終末決戦バトルシーン

さらに、先ほどマサタケさんが話してた4体のボスモンスターに合わせて、背景も4つ追加で制作しました。だから背景に関しては、通常の1か月分の業務量の発注をこなした感じです(笑)。

▲「王都終末決戦」チュートリアルより

ワオ 時間も限られているから、スタッフ総動員で作業していましたよね。

ナオコ 「王都終末決戦」関連ではアニメが4パート入っていて、中でもバトルの山場のシーンは1パートで50カット(※動画中の”場面”のこと)以上あります。全体では100カット近く、総作画枚数は2300枚程になりました。
平均的な30分物のTVアニメが、300カットくらい、総作画枚数3500~4500枚あたりだと思うので、単純比較はできませんがカロリーはかなり高めでしたね。もはやゲーム内のショートアニメなのか?という物量でした(笑)。
でも、背景とかモンスターとか、みんながすごく頑張って作ってくれてるから、アニメでコケるわけにはいかないと思って。協力会社の方にもご尽力いただきながら力を振り絞りました!

▲覇瞳皇帝との迫力のバトルシーンの数々。ギルドの垣根を超えた総力戦の様子が描かれていました!
▲“情報量を減らす”という点で覇瞳皇帝は描写も細かく、制作する上でもある意味ラスボスだったとのこと……!

ナツコ ここで盛り上げないならいつ盛り上げるんだ!という想いで、やり切りましたね。プレイした方々に喜んでいただけたのなら何よりです。

そしてメインストーリーは第2部へ
新展開を見せる『プリコネR』

そろそろ最後の話題ということで、『プリコネR』の今後について、ユーザーのみなさんへコメントをお願いします!

ワオ 1月中旬からメインストーリー第2部の第1章が公開され、OP(オープニング)を見てわかるように新キャラも一気に登場しました。本編にも少しずつ出ていますが、これから続々と登場する予定なので、楽しみにしていただければと思います!

ナオコ OPで10キャラくらい出てきたよね。

ナツコ でっかい銃を持ったあの子好き!

ワオ 男性キャラも増えましたね。イケメンとか、かわいい少年キャラとかも出てきます。そのあたりも乞うご期待です!

ナオコ 第1部からラジラジやダイゴなどの男性キャラももちろんいましたが、アニメパートでは女性キャラクターを描くことが多かったので、描きごたえがあるなと思ってます!

マサタケ 新キャラクター達と主人公たちの絡みが楽しみですよね!実はちょろっとモンスターも絡んでくるので、そこも見てもらえると個人的に嬉しいです(笑)。そして、バトルでも盛り上げられるよう作っていきますので期待していただければと思います!

ナツコ 第2部もランドソルを中心に物語が繰り広げられますが、これまで登場していない新しい部分も出てくるので、背景も楽しんでいただけると思います。

第2部もカロリー高めでお届けします、という感じでしょうか?

ナツコ 下がることはないですね(笑)。

ナオコ 新しいOPも50カット以上使って見せたいシーンを詰め込んだ大ボリュームでしたし、メインストーリー第2部本編もこれから新キャラいっぱい出ますし……まだまだ頑張っていきます!

ハイカロリーになってしまうのは、クオリティーに妥協しない『プリコネR』の宿命ですね。苦労もあると思いますが、ユーザーのみなさんの笑顔のために、これからも遊び心を忘れず、最高のクオリティーを追求していってほしいと思います!


以上、前後編にわたって『プリコネR』のイラストチームに話を聞いてきました。
印象的だったのは、今回話を聞いた4人ともが「攻め」の姿勢だったこと。発注されたことへの対応だけでなく「もっと面白くできるはず!」という信念のもと、付加価値を加えることで限界までクオリティーを追求する⋯⋯。そんなチームだからこそ、『プリコネR』の盛りだくさんなコンテンツを作り続けられるのだと感じました。

2周年を迎え、さらに盛り上がりを見せていく『プリコネR』。これからもどうぞよろしくお願いいたします!


★あわせて読みたい『プリコネR』関連記事★
TVアニメ『プリンセスコネクト!Re:Dive』の制作現場 CygamesPicturesに潜入!【前編】≫≫≫
『プリコネR』のサウンドが豪華な理由とは サイゲームスが目指す最高のサウンド制作<前編>≫≫≫