今のお仕事の内容を教えてください。

大阪Cygamesで「グランブルーファンタジー」のPS4版「Project Re:LINK」のリードエンジニアを務めています。チームメンバーをまとめながら、グラフィック周りや、シェーダーやツールの開発を行っています。
ゲーム開発は一人でできるものではありません。チームワークが重要ですので、情報共有を徹底して、メンバー一人ひとりが活躍できるタスク調整を心がけています。チームには優秀な人が揃っていますので、とても助かっています。

お仕事のやりがいを教えてください。

前職を含めた「ゲーム開発者としてのやりがい」になりますが、自分が開発に関わったゲームをユーザーの皆さんが楽しんでいるのを見ると、やっぱり嬉しいですね。
「グラブルフェス2017」ではじめて「Project Re:LINK」のデモプレイを公開したのですが、期待のコメントが多く寄せられた時にやりがいを感じましたし、「最高のものにしなければ」と身の引き締まる思いになりました。

Cygamesの好きなところは?

「やるからには徹底的にやる」という大阪Cygamesのスローガンが、ゲーム開発の現場に浸透しているところです。
Cygamesでは、高スペックPCや広いデスク、疲れにくいリクライニングチェアなど、徹底的にゲーム開発に集中できる環境が提供されます。
最高の環境が用意されているからこそ、私たちはクリエイターとして最高のものを作る責任があると感じられますし、ストレスなく開発を進めることができています。

将来の夢を教えてください。

小さな子供向けゲームを作ってみたいと思っています。
だからといって、単純に難易度を下げるとか、テーマを子供向きにするなどの目線の下げ方をするのではなく、子供達に「今遊んでいるゲームの世界は、どこかにあるんじゃないか」と思ってもらえるようなゲームを作りたいと考えています。

プライベートの過ごし方について教えてください!

家でまったり過ごすことが多いです。
最近はハンモックを購入したので、ゆらゆら揺られながら技術書やマンガを読んでいますね。
すごくリラックスできて、気持ちの切り替えにピッタリです!リラックスすると、不思議と専門的な内容も頭に入ってきやすく、おすすめです。

※内容は取材当時のものです。