Q1.今のお仕事の内容を教えてください。

家庭用(コンシューマー)ゲームタイトルの開発チームでマネージャーをしています。チームメンバー一人ひとりのスキルを考えてタスクの調整をしたり、メンバーへの技術指導をしたりしています。
特に気を付けていることは、メンバー全員が気持ち良く仕事ができるように環境を整えることです。メンバーの仕事に対する悩みの相談に乗ることはもちろん、機材やソフトウェアの調子の良し悪しも業務効率やモチベーションに関係してくるので、各環境に不具合が出ないように気を配っています。

Q2.お仕事のやりがいを教えてください。

メンバーが新しいことに挑戦して達成する瞬間はいつも感動しますね。チームには新卒から僕よりも業界歴の長いベテランの方までさまざまな人がいて、みんなで意見を言い合ったり、アドバイスをしたりしながら開発を進めています。中には、チームで誰もチャレンジしたことのないような案件に自ら手を挙げて取り組み、成功した方もいます。途中、難航する場面もありましたが「最後までこの人にチャレンジさせてあげたい」という思いがあったので僕も全力でサポートしました。
僕はマネージャーとして “縁の下の力持ち”でありたいと思っています。自分が表に出るのではなく、舞台の下で舵を切ってチームの進む方向をきちんと定めることで、チームメンバーが注目を浴びる成果に繋げられることがやりがいです。

Q3.サイゲームスの好きなところは?

「チーム・サイゲームス」の意識を全社員が忘れていないところです。毎月末に、その月に活躍したスタッフを表彰するイベントがあるのですが、仕事で関わったかどうかに関係なく、みんなが受賞者をお祝いします。頑張った人への敬意が伝わってくると同時に、会社全体がチームなんだということを改めて感じられるイベントでもありますね。
また、サイゲームスには既に運用しているタイトルも開発中の新規タイトルもありますが、両タイトルのプロジェクトメンバーが互いに尊重し合っている文化も好きです。新規タイトルは運用中タイトルからノウハウや資産をもらって作っています。この面だけを見ると新規タイトルが運用中タイトルに寄りかかっているように見えますが、運用中タイトルもまた、新規タイトルの技術を学ぶこともあります。
「最高のコンテンツ」を目指してチームの垣根を越えて、自然と支え合っています。その姿はとても素晴らしいと感じています。

Q4.将来の夢を教えてください。

「サイゲームスはコンシューマーゲームもすごい!」と言っていただけるような作品を世に送り出すことです。
サイゲームスはアプリゲーム、ソーシャルゲーム業界において、先頭集団の中でもトップを走っている会社だと思っています。その上、マンガやアニメなど幅広い分野への進出も果たしており、その勢いは増すばかりです。
だからこそ「サイゲームスはコンシューマーゲームでもすごい、と思ってもらいたい!」と思っています。
現在、それを実現できるメンバーが続々と集まってきています。チーム全体で「最高のコンシューマーゲームを作る!」という目標を掲げながら、これからもチーム一丸となって頑張っていきます!

Q5.プライベートの過ごし方について教えてください!

おいしいものが好きなので、良いお店がないか探したり、質の良い食材を探してきて、自分で料理をしたりしています。
最近は、家の近所においしい魚屋さんを見つけました!さんまのお刺身が大好物なんですが、そこのお店のさんまがちょうど良い脂ののり具合で最高でしたね……!

※内容は取材当時のものです。