こんにちは、サイマガ編集部です!
スタッフアンケート(※1)結果を基に、サイゲームススタッフの“リアル”に迫る連載企画「サイゲームス白書」。これまで2回にわたって、「ゲーム」と「オフの過ごし方」というテーマでお届けしてきました。

(※1)2019年12月時点のサイゲームス全スタッフを対象に行ったアンケートより算出

現在、国内だと東京・大阪・佐賀、海外だと台湾・韓国に拠点を持つサイゲームス。各拠点で、さまざまなプロフィールを持つメンバーが働いています。
今回、Vol.3では、国内勤務のスタッフにアンケートを行い、「学生時代していた部活動・アルバイト」「前職」といった彼らの過去から、「サイゲームスでのランチ・ファッション事情」「通勤事情」といった現在に至るまでを聞いてみました。番外編では未来(?)についても聞いています。
それではどうぞ最後までご覧ください!

Vol.1「みんなでたくさんゲームをやってる?」編はこちら≫≫≫
Vol.2「オフはどんなインプットをしているの?」編はこちら≫≫≫

北は北海道、南は沖縄、海外は○○まで!
スタッフたちのルーツを聞いてみた

初めに、スタッフの「生まれ育った地域」について聞いてみました。複数ある場合は最も長く過ごした地域か、自身で出身地と思える場所を答えてもらったところ……

一番多かった回答は、やはり東京オフィスのある関東地方!続いて近畿地方という結果でした。佐賀オフィスがあることもあり、3番目に多いのは九州・沖縄地方でした。
また、海外と回答したスタッフも4.7%おり、「韓国」「中国」といった近い国から、遠方だと「トルコ」「フランス」「ドイツ」といった答えも。東京オフィスを中心に、外国籍や帰国子女のスタッフもたくさんいます。
少数ですが「その他」として、「各国・各地方を渡り歩いてきたので1つの地域を選べない……」といった回答がありました。


続いて、どんな学生時代だったかを探るべく、「学生時代にしていた部活動」を聞いてみました。
まず、全スタッフの内、約86%のスタッフが学生時代に部活動をしていたと回答。未所属だったスタッフは、帰宅部だった者だけでなく、「海外のため部活動という制度がそもそもなかった……」という思いがけないグローバルな回答もありました。

さて、部活動に所属していたというスタッフに、どんな部活動に所属していたのか聞いてみると……

最も多かったのは「テニス・ソフトテニス部」で、世間的にもメジャーなスポーツが1位という結果に。2位が「美術部」。イラストレーターをはじめクリエイティブ職が多いゲーム会社ならではかもしれませんね。3位以下を見ると、文化部と運動部それぞれの出身者が万遍なくいるという結果でした。

ちなみに、部活動経験者のうち約4分の1を占める「その他」の内訳を覗いてみると、「ゲーム制作部」「パソコン部」といったゲーム開発に関わるような部活から、「映像研究部」「アニメ制作部」「大道芸部」「奇術部」といったエンターテイメント関連の珍しい部活まで、さまざまな部活動がありました。


次に、「学生時代にしていたアルバイト業種(複数回答可)」について聞いてみました!

1位は「飲食」、次点で「小売・販売店」という結果でした。そして、ゲーム会社らしい回答として、3位に「ゲーム関連」がランクイン!学生時代からゲーム制作に携わっていたスタッフは多いようです。

いつからゲーム会社を志望していたの?
スタッフたちの前職についても聞いてみた

学生時代のアルバイト結果を見ると、学生時代からゲーム会社へ関心を持っていたスタッフの多さがわかりました。
そこで、他のスタッフも含めて「いつからゲーム業界への就職を志望していたのか」を聞いてみたところ……

学生時代(※小中高校・大学)から志望していた、と回答したスタッフが過半数超え!やはり学生のうちから、ゲーム業界への関心が高いスタッフが多かったようです。中には、「未就学(幼い)の頃から!」と回答したスタッフも2.5%いました。物心ついた頃から、ゲームに親しんでいたのもしれませんね。
社会人になってから、と回答したスタッフは3分の1程度でした。「学生時代からゲームが趣味だったけれど、職業として志したのは社会人になってから」というスタッフも多いようです。


社会人になってからゲーム業界を志望したスタッフも多いということで、あわせて「前職は同じゲーム業界だったのか」を聞いてみると……

ゲーム業界出身者と異業界出身者の割合がほぼ同じという結果に!
先日、ゲームプランナーの仕事とは?面白いゲーム作りに必要なスキルとマインド【サイゲームス仕事百科】の記事の中でも少しご紹介しましたが、例えば、サイゲームスのゲームプランナーには、ゲーム業界に限らず多彩なキャリアを積んだスタッフがたくさんいます。異業種からのキャリアチェンジでも、これまでのさまざまな経験・インプットが「面白い企画」を生み出す糧として役立っていると言えそうです。

他の職種にも、飲食・美容・教育・出版・福祉・保険など、本当にさまざまな業界出身のメンバーが働いています。そんな多種多様なスタッフたちに共通するのが、「ゲームが好き」という想いなのかもしれませんね!
デザイナーやエンジニアといった専門職では、「今までゲーム開発以外の仕事をしていたけれど、ゲームを作りたい!」と一念発起して、職種経験を活かしてサイゲームスに合流したスタッフも多いようです。
もちろん、長年ゲーム会社で働いてきたベテラン勢もサイゲームスには多数いますよ!

スタッフの社内事情を大公開!
通勤・ファッション・ランチ事情を聞いてみた

ここからは”スタッフの現在”ということで、社内事情について見ていきます!

東京オフィスは渋谷区、大阪オフィスは大阪市内、佐賀オフィスは佐賀市内と、比較的交通アクセスのよい場所に各国内拠点があるサイゲームスですが、スタッフたちの「通勤事情(ドアtoドア)」は……

最短は、ドアtoドアで「5分未満」!徒歩圏に住むスタッフからは通勤時間が少ない分、「朝や帰宅後のプライベートの時間を有意義に使えてます」という声もありました。
一方、遠方だと2時間以上というスタッフもいました。例えば、東京オフィスだと、千葉・神奈川・埼玉といった近接県からの通勤者も多いです。


次に、「オフィスファッション事情」を聞いてみました。

全体の4分の3を超えるスタッフが「カジュアル系」との結果に。サイゲームスでは服装・髪型に指定がないため、各自のスタイルに合わせたファッションで就業しています。そのため、普段の業務中は「楽さ」という点で、カジュアル系ファッションのスタッフが多いのかもしれませんね。また、バックオフィスを中心に一部、スーツ・フォーマル系のスタッフももちろんいます。

ちなみに、「カジュアル系」と「オフィスカジュアル系」について、具体的にどういった服装が多いのか聞いてみたところ……

○カジュアル系
・ジーンズ+ニット+スニーカー
・チノパン+Tシャツ+パーカー+スニーカー
・ジーパン+ジャケット+襟付きシャツ+スニーカー

○オフィスカジュアル系
・チノパン+襟付きシャツ+αで他を合わせる
・ワンピース+カーディガン+ヒールの靴
・黒パンツ+無地Tシャツ+テーラードジャケット+革靴

12月時点のアンケートのため、基本的には冬服想定の結果ですが、夏はTシャツ+スニーカーのスタッフも多く、服装に関しては自由な雰囲気ですよ。

もう少し掘り下げて、具体的な「ファッションジャンル」についても回答してもらったところ……

○ファッションのジャンル(具体例)
・アメカジ系
・キレイめカジュアル系
・モード系
・原宿系モノトーン
・青文字系
・ジャージ
・ストリートファッション
・和服
・アロハ/かりゆし(夏場)

○個性派回答
・プロレスTシャツ
・ゲーム系Tシャツ
・映画上の架空組織のロゴ入りといったネタ系Tシャツ
・猫が雷を放っているパーカー

何やらピンポイントな回答もありますね(笑)。みなさん思いおもいのファッションで出社しているようです。
ネタ系Tシャツの回答がいくつか見られるのは、ゲーム会社ならではの“遊び心”かもしれません。また、夏シーズンには、廊下でアロハシャツのスタッフとすれ違うことが結構あったりします。

ファッションに関して、今回のアンケートで寄せられたスタッフの声を少しだけご紹介します。

○スタッフの声
・基本私服と同じです(会社用の服を購入しなくて済むので助かっています)
・服装だけでなく、髪色も2週間から1か月に1回変えてオシャレできているのがうれしいです
・長時間のデスクワークで無理がないように、楽な服装で仕事できてとても助かっています

クリエイティブな職種が多いサイゲームスでは、オシャレなスタッフも多く、自由な雰囲気が好まれているのかもしれませんね。


続いて、「会社で食べるランチはどんなものが多いか」を聞いてみました。

すると、社内販売弁当・自販機と回答したスタッフが半数以上という結果に。【サイゲームスの働く環境 Vol.1】でもご紹介しましたが、会社が半額、費用負担している弁当の販売をはじめ、各種社内販売が充実しています。それらを利用しているというスタッフも多いです。
また、社内コミュニケーションツールにて、スタッフ同士で「オススメのランチのお店」を紹介するページもあるので、誘い合って社外のお店へ繰り出すことも結構ありますよ!

番外編!自分を漢字一文字で表すと?1位は「楽」!
「来世生まれ変わったらなりたい職業」を聞いてみた

ここまでスタッフの過去~現在までお届けしてきましたが、番外編として“面白ネタ”を聞いてみました!

まず、「自分を“漢字一文字”で表すと何だと思いますか?」と聞いてみたところ……
集まった487文字の回答のうち、TOP10をご紹介します!

1位は、2位以降に倍近い差をつけて「楽」となりました。楽しむ、余分な力を抜いて楽に、といった意味かもしれませんね。
2位は「変」。変化するという動的な意味なのか、変わり者という意味なのか……イメージが膨らみますね。
4位にランクインしている「直」は、まっすぐだったり素直だったりといった意味合いもあるかもしれません。これらは、仕事をする姿勢として、サイゲームスでは一番大切なこととして挙げられることが多いものです。

次に、ある意味、未来(?)ということで、「来世生まれ変わったら、せっかくだったらなりたい職業」も聞いてみました!

1位はなんと「石油王」……!来世では大金持ちになりたいな、という夢を描いているのでしょうか……?
2位は「来世でも変わらずゲームを作りたい」「イラストを描きたい」といった、「今と同じが一番!」という回答でした。そして3位には、前回スタッフアンケートでも人気だった「ネコ」がランクイン。来世はまったり日向ぼっこしながらお昼寝したい、という声が多かったです。
次点の4位は、現在エンジニアやプランナーなど他職種のスタッフから、「来世こそ絵描きになってみたい!」という回答が多く出ました。5位以下は、おなじみのあこがれ職業が並ぶ結果に。

ちなみに、「その他の回答」として比較的多かったものや面白い回答を抜粋してご紹介します。

○その他の回答例
・宇宙関連(開発者・宇宙飛行士など)
・海洋関連(海洋学者、水族館の飼育員など)
・YouTuber、VTuber
・異世界転生したい(魔法使い、吟遊詩人、勇者、騎士、賢者といったジョブになりたい)
・人以外(空、貝、木、風、深海魚、ワカメなど)

二次元のものから、現実的(?)なものまでさまざまな回答が集まりましたよ。

■編集後記

Vol.3では、サイゲームススタッフの過去・現在・未来というテーマで、スタッフアンケート結果をお届けしました。いかがでしたか?
これまで3回にわたってお届けしてきた「サイゲームス白書」企画ですが、今回で一区切りとなります。今後は不定期更新の予定です。

今後もサイマガでは魅力のある情報をお届けできるように編集部一同、励んでまいりますのでどうぞお楽しみに!

★あわせて読みたい記事★
サイマガでは「サイゲームスにまつわる数字」をもとにした記事も公開していますのであわせてご覧ください!
数字で知るCygames≫≫≫