12月25日と12月27日の二日間に渡って、『Shadowverse』の世界大会「Shadowverse World Grand Prix 2019」が開催されました。今回の記事では、12月27日に開催されたGRAND FINALSのイベントリポートをお届けします!

『Shadowverse』の1年を締めくくる!
トッププレイヤーたちによる 最高峰の大会

「Shadowverse World Grand Prix」は、2017年から毎年12月に開催されている『Shadowverse』の世界一決定戦です。世界各地で開催される大型大会の優勝者など総勢24名の実力者が集結し、優勝賞金1億1000万円とその年の世界一の座をかけて競い合います。

今回開催された「Shadowverse World Grand Prix 2019」では、12月25日に24名全員によるスイスドロー(※すべての参加者が一定数の試合を行うトーナメント方式)6回戦を実施。熾烈な戦いを勝ち抜いた成績上位8名が、12月27日のGRAND FINALSへ駒を進めました。

試合会場以外も大盛況!
『Shadowverse』ファンがソニックシティに集結

GRAND FINALSが開催されたのは、都心からもアクセスのよいソニックシティ(埼玉)。共催の埼玉県産業文化センターと後援の埼玉県の協力もあり、「劇場型の施設で世界大会を体験してほしい」というプロデューサー・木村の想いが実現しました。当日は、年の瀬も迫った平日だったにもかかわらず、たくさんの『Shadowverse』ファンにご来場いただきました!

▲4000人以上のファンが来場
▲埼玉県の大野知事も大会に訪れ、ご挨拶をいただきました

会場ではGRAND FINALSだけでなく、RAGEのシード権を獲得できる2Pick大会、リリース直前の新しいカードを体験できるプレイエリア、埼玉県の特産品とコラボした限定物産品を購入できる埼玉県観光PRブースなど、各種催しも充実。本戦が行われているホールの外でも、大きな賑わいを見せていました。

▲プレイエリア
▲埼玉県の特産品とコラボした限定物産品

世界一の栄光を手にしたのは…!?
sasamumu選手とjupi / Qwert選手による決勝戦

『Shadowverse』ファンが会場を埋め尽くす中、決勝に進出したのはsasamumu選手とjupi / Qwert選手の2人。

▲MCの福澤さんも会場を盛り上げます

3本先取(BO5)の対戦は、互いに譲らぬ展開で2勝2敗のフルセットへともつれ込みました。最後の5戦目で、sasamumu選手の「自然ドラゴン」がjupi / Qwert 選手の「自然ビショップ」を下し、sasamumu選手が「Shadowverse World Grand Prix 2019」の頂点に立ちました!

sasamumu選手は、優勝者インタビューで「『Shadowverse』は私の命そのものです」とコメントし、『Shadowverse』への強い想いを表現されていました。

「Shadowverse World Grand Prix 2020」開催決定!

決勝戦終了後のエンディングにて、プロデューサー・木村から「Shadowverse World Grand Prix 2020」の開催が発表されました。優勝賞金は本大会と同じく1億1000万円で、世界各地の大会で優秀な成績を残した24名が招待されます。今年の世界大会ではどんなドラマが生まれるのでしょうか。2020年も『Shadowverse』にご期待ください!